Skip to main content

ブレーキの固着


持ち込みタイヤ交換でご入庫のお車。作業中、タイヤに触れてもまったく動かなくて、あれ、おかしいぞ?ってことで許可をもらって分解しました。お客様は乗ってて違和感がないそうですが、


ブレーキキャリパーを外すと軽く動くのでやっぱりブレーキキャリパーが固着しているようですね。結局、部品供給がないので、本体交換になってしまいました。


新品のキャリパーとディスクパッド


交換の前にディスクローターの錆がひどいのでディスクの研磨をします。


ローター研磨機です。


どうしてもスが入っていますが、あたり面はきれいになりました。


銅パッキンは必ず新品に交換します。


ブレーキフルードを交換しないとキャリパーの中が錆びて固着の原因となります。


新品時は透明です。全量交換して完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です