Skip to main content

カローラスパシオ 車検、タイミングベルト交換その2

各ベルトを全部外します。(オルタネーターはすでに外してあります)

 
エアコン周りの配線が邪魔なので全部外します。

 
あとはクランクプーリーを外せばタイミングベルトカバーが外せます。

 
合いマークに合わせて外します。変なところで外すと今どの位置かわからなくなってしまいますので危険です。

 
で、タイヤ交換をしていると外し終わってました。

 
ウォーターポンプ裏にホースがあり、これが手が入らなくて大変でした。

 
結局配管ごと外してくることに。ホースとパッキンも交換します。

 
エンジン内は大変きれいでオイル管理はまめにされているようです。エンジン下部のオイル漏れもありません。写真真ん中上のPCVバルブ正常でした。

 
タイミングベルト交換後。

 
あとは見るところもなく一気に組み付け。車種関係ありませんが、クランクプーリーにはゴムがサンドされていてベルトスリップ音が出ないようになっています。過走行車はここが空回りするトラブルが増えているようです。

 
オイル交換と社長というか父。

 
最後に冷却水交換。

 
FF車は泡が出てこなくなればいいですが、軽バンはフロントだけジャッキで高く上げたりしないと抜けなかったりします。このあとラジエーターキャップを締めてファンが回ればOKです。車検は割愛。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です